日本料理真営

北陸の冬の旬食材が満載!石川の和食で味わう北陸の冬の味覚

お問い合わせはこちら For tourist

北陸の冬の旬食材が満載!石川の和食で味わう北陸の冬の味覚

北陸の冬の旬食材が満載!石川の和食で味わう北陸の冬の味覚

2024/01/14

寒くなってくる冬は、北陸地方の美味しい旬食材が豊富に楽しめる季節です。石川県では、和食レストランで北陸地方ならではの冬の味覚を堪能することができます。寒さに負けず、体が温まる食材がたくさん揃っています。皆さんも、この冬は北陸の美味しい旬食材を堪能してみませんか?

目次

    北陸の冬の旬食材とは?

    北陸地方は寒冷な冬の季節になると、旬を迎える美味しい食材がたくさんあります。その中でも、代表的なものとしてのどぐろが挙げられます。のどぐろは、真冬に旬を迎える魚で、脂がのって柔らかく、ほどよい塩気と旨味があります。また、寒さに耐えて成長した加賀菜も人気の食材です。加賀菜は旬を迎えると、甘みが増し、食感も柔らかくなります。そして、冬に欠かせない鍋料理も北陸地方の冬の味覚の一つです。中でも、富山県のぶりしゃぶは、ぶりの旨味と出汁の相性が抜群で、素材の味を楽しめる料理です。北陸の冬の旬食材を使った和食を味わいに、ぜひ北陸地方へ足を運んでみてください。

    石川の和食が味わえるおすすめ店舗

    石川県には、新鮮な海産物をはじめとする豊かな食材を活かした美味しい和食のお店が数多くあります。その中で、特におすすめの店舗を紹介します。まずは、金沢市にある悠久。こちらでは、旬の野菜や魚、肉を使用した創作和食を楽しめます。料理は全て手間暇かけた手作りで、食材の鮮度と旨味が存分に味わえます。また、地元でとれた旬の素材を中心に提供するたまきもおすすめ。石川県産のものにこだわり、独自の料理法で調理された料理は、豊かな味わいがあります。さらに加賀市にある山吹庵もおすすめです。こちらでは、能登牛や加能豚といった地元の肉を使用した料理が特に人気があります。地元食材にこだわったオリジナルの味わいは、一度訪れたら忘れられないので、ぜひ足を運んでみてください!

    北陸の冬の味覚を存分に堪能する方法

    北陸地方は冬の寒さと共に、美味しい食材もたくさん取れる地域として知られています。その中でも、越前ガニや加賀野菜、金沢の海の幸など、多種多様な味覚を存分に堪能することができます。 越前ガニは、寒ブリが取れる冬場に漁獲されます。濃厚な旨みがあり、身もたっぷり入っています。また、越前ガニは遠くからでも販売されているため手軽に食べられるところも良いですね。 加賀野菜は、寒さに強い野菜が多いため冬場が旬です。根菜類や白菜系、葉物・芽菜類などがあり、調理方法によって味の幅が広がります。そのため、郷土料理としても人気があります。 金沢の海の幸は、蟹や甘エビ、ぶり、カツオなどが有名です。特に、加能の甘エビは身がぎっしりと詰まっており、炙ったり蒸したりすると旨みが倍増します。 北陸地方では、これらの味覚を使った様々な郷土料理があります。どの料理も新鮮で適材適所の調理がされているため、ぜひ現地で味わっていただきたいです。

    北陸でしか味わえない冬の絶品料理

    北陸地方は冬の季節には、冷たい海流が流れ込んできて極寒の地となります。しかし、その寒さを生かして冬の絶品料理がたくさん存在します。そんな中でも、和食が特に有名です。北陸でしか味わえない冬の和食を紹介します。 まず一つ目は加賀百万石豆腐です。百万石という名前が示す通り、加賀藩時代に名産米として栽培されていた加賀の里山米を使用した豆腐です。この豆腐は、冬の寒い時期につくることで白く、つるつる、とろけるような食感が特徴で、素材の味が引き立つ絶品料理です。 二つ目は鮭腹しゃぶしゃぶです。冬になると、鮭がふっくらと身を育て、腹肉が大変美味しくなるのです。そんな鮭腹をしゃぶしゃぶで食べるという料理で、淡白な鮭腹がたまらない美味しさになります。そして、地元で採れた上質な大根を加えることで、スッキリとした風味を加えています。 最後に蟹汁です。冬の北陸はカニが美味しい季節です。蟹汁は蒸したカニの身と卵を使用し、身が溶け出した出汁とともに飲む汁物です。カニから出た甘みをたっぷり味わうことができ、冬の寒さを一気に吹き飛ばしてくれるような温かい味わいがたまらない一品です。 北陸には、他にも冬ならではの美味しい食材がたくさんあります。是非、一度北陸を訪れて、地元の冬の和食を味わってみてはいかがでしょうか?

    石川県民が愛する冬の定番メニューとは?

    石川県民が愛する冬の定番メニューといえば、やはり加賀百万石の名物料理であるおでんが挙げられます。寒い冬の夜には、あたたかいおでんが食べたくなるもの。加賀百万石のおでんは、昆布や鰹などの旨味が溶け込んだあっさりとしただしと、ごま油で香り付けされた深い味わいのたまごなどが特徴的。また、地元の蕎麦屋で注文する山窯蕎麦も冬の味覚として親しまれています。石川県南部の山中にある蕎麦屋では、石臼で挽いた独特の風味を持つ手打ち蕎麦を味わえます。寒くなると温かいそば湯に浸して食べることも多いですね。また、尾山神社の近くにある老舗料亭かぐや姫の松花堂弁当も冬の味覚の一つ。蒸し鶏や茶碗蒸しなど、石川県の食材をふんだんに使った少しおしゃれなお弁当は、冬のおでかけのお供にもぴったりです。このように、石川県民が愛する冬の定番メニューは、地元の食材を使った、温かくて優しい味わいの料理ばかりです。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。